③サイババアシュラム バンガロール空港からプッタパルティへの行き方

プッタパルティ

バンガロール空港からサイババ・アシュラムがあるプッタパルティまでは、かなり距離があります。

タクシーで2時間~2時間半。バスで4時間~4時間半はかかります。

タクシーに乗りながら、予想より遥かに遠かったので、プッタパルティは相当な僻地にあるのだなと思いました。

ツアーで行かれる方はコンダクターにお任せですが、自力で行かれる方のためにタクシー手配のやり方や相場をまとめました。

インドルピーを調達する。

日本ではインドルピーの調達ができないので、まずはバンガロール空港に着いたらインドルピーを調達する必要があります。

キャッシング機能付きクレジットカードを使う場合。

バンガロール空港にあるATMでキャッシングできます。

アシュラム内でもクレジットカードのATMはありますので、この時点で大金をキャッシングする必要はありません。

日本円現金しかない場合。

日本円を換金する場合、空港ではレートが非常に悪いです。

空港で換金するならタクシー代のみに控えて、あとはプッタパルティで換金した方が無難です。

プッタパルティでも沢山の換金所があり、日本円も換金できます。

道を歩けばたくさんのExchangeという看板が出ているのですぐ見つけられます。

ただ、換金所によってレートが違うので、いくつか周ってから決めた方が良いです。

私は2015.10月のレートで1万円が5,320RSでした。

ちなみにホテルでも換金はできますが、非常にレートが悪いです。

外にいくらでも換金所はあるので、ホテルの外で換金した方がいいですね。

私が換金したプッタパルティの換金所のアドレスカード。
他にもたくさん換金所はある。

タクシーを手配する

バンガロール空港からプッタパルティまでのタクシー代は、1,800RS~2,000RSが相場です。

たまに外国人には1万円とかふっかけてくるドライバーがいるので要注意です。

プッタパルティのタクシーユニオンの料金表を貼り付けますので、ふっかけられたら「知ってるぞ」という意味も込めてこれをみせて下さい。

もしくはプリペイド・タクシーを探すことをお勧めします。

騙される外国人が居ると、次に来る外国人も狙われますので、ここは後に来る人の為にも妥協せず、強硬姿勢をとりましょう。


タクシー料金の目安に。2015年11月時点の料金表。

→帰りのタクシー手配の様子はこちら

良いタクシー運転手で、サービスや料金に満足したら、30~50RSのチップを渡すと喜ばれます。

チップは高額にあげすぎても良くないので、私はだいたいこれくらいを目安に渡すようにしています。

 

バンガロールからプッタパルティまでは、かなり田舎道を通ります。

インドは広いという事を実感できる景色です。


見渡す限り平原。


こんな景色がずっと続く。かなりの僻地へ行こうとしてることを実感。

サイババアシュラムを目指して、世界中からこんな僻地に人が集まって来る。

その吸引力に驚きました。

亡くなって尚、人々を惹きつけるサイババの存在に興味惹かれます。

見渡す限りの大平原を眺めながら、これから行くサイババアシュラムへの期待が膨らむ道すがらでした。

→④サイババアシュラム サイタワーホテル チェックイン