三峯神社へ行ってきた③ 興雲閣へ宿泊する。白い氣守り、お札の予約方法

三峯神社 興雲閣

三峯神社内の宿坊、興雲閣は、チェックインpm14:30〜です。

奥宮まで登って、ヘロヘロになった私たちは、ダメ元で早めにチェックインさせて貰えるか聞くため、興雲閣フロントへむかいました。

興雲閣のフロントには、蝶ネクタイの真面目そうなおじいさんが立っています。

「すみません。宿泊予約の者ですが、早めにチェックインさせて頂くことできますでしょうか?」と聞くと、どうぞどうぞと快諾してくれました。

やれ嬉し。ありがたや。

時刻はpm13:00でした。

融通が効くフロントで、本当に助かりました〜。

三峯神社興雲閣 アドレスと宿泊費

〒369-1902
埼玉県秩父市三峯198-1
電話:0494-55-0241

・チェックイン:pm14:30〜
・チェックアウト:am10:00

・1泊2食付き+入湯税:12,030円/  大人1名(ご祈祷をお願いした場合は宿泊費から2,000円引き)
・冬期間(12/15〜3/15):7,500円/大人1名
子供/7,560円・幼児/5,400円

→興雲閣公式ホームページ

興雲閣 チェックイン

①まず、チェックインの時に、夕食に付くサービスの飲み物を指定します。

日本酒(熱燗か冷や)・オレンジジュース・ウーロン茶の3種類から選びます。

②月末日と1日の宿泊者のみ、白い氣守りを購入希望の場合は、チェックインの時点で予約しなければなりません。(現時点では2020年12/31までの期間、これ以上1日と月末日の予約は受け付けていない。)

白い氣守り購入予約をすると、引換券が渡されます。

この時点では、白い氣守りの料金は支払いません。

白い氣守り引き換え時に、2,000円を支払います。

三峯神社 白い氣守り

白い氣守り引き換え券には、住所・氏名・電話番号を記入しなければなりません。

興雲閣宿泊の白い氣守り購入希望者は、必要事項を記入した引き換え券を持って、1日のpm17:30に興雲閣6階の頒布会場に集まります。

引き換え券と2,000円を渡して、白い氣守りを受け取ることができます。

時間に遅れた場合は、白い氣守りは受け取ることができませんので要注意です。

最近、白い氣守りをオークションやamazonで、高額販売する輩が続出しているため、神社側はかなり神経質になっているようです。

③ご祈祷の予約をする

興雲閣宿泊者の特典として、早朝am7:00〜行われる三峯神社拝殿での御日供祭に参列、ご祈祷をお願いすることができます。

必ずチェックイン時に予約しなければ、早朝のご祈祷に参加することはできないので要注意です。

予約しただけではダメで、この後社務所でご祈祷の詳細を選び、料金を支払います。

領収書は必ず保管しておき、チェックアウトの宿泊料金精算時に、ご祈祷の領収書を見せること。

興雲閣宿泊者で、ご祈祷をした人は、宿泊料金2,000円引きとなります。

つまり、私は宿泊費:12,030円のところ→ご祈祷をしたので宿泊費:10,030円となりました。

このように、興雲閣に宿泊すると、日帰り参拝より様々に優遇されているので、どうせ行くなら宿泊を断然お勧めします。

ご祈祷にしても、白い氣守りにしても並ばなくて良いので本当に楽チンでした。

チェックインで、上記のスリーステップを済ませたら、ルームキーを受け取り、直接部屋へ行きます。

お風呂も好きに入って良いとのことで、嬉しい。

興雲閣 部屋の様子・アメニティ

宿坊なので、仲居さんの案内などはありません。

お部屋までは自分でエレベーターに乗って行きます。

興雲閣は6階建ての鉄筋コンクリート造りで、全体的に広々とした作りで綺麗です。

三峯神社 興雲閣

客室は、10畳のゆったりした和室でした。

窓ガラスが大きくて、三峯の山々が綺麗に見えて、開放感があります。

この景色、眺めが最大の魅力。

三峯神社の魅力は、木々たちが醸し出すご神気なのだと実感する。

三峯神社 興雲閣

室内は喫煙可のようで灰皿も置いてあります。

掃除が行き届いており、タバコ臭いということもなく、快適に過ごせそうです。

テレビ・冷蔵庫(小さい冷凍庫付き)・金庫があります。

冷蔵庫の中に、飲み物は入っていませんので、好きな飲み物を持参すると良いです。

テーブルの上に、お茶とお菓子がありますので、とりあえずの一息はつけます。

廊下に自動販売機があり、ビールやペットボトルの飲み物を買うこともできます。

私は、プリンやゼリーのようなデザートを買って来れば良かったなと思いました。

興雲閣の夕食は美味しいのですが、惜しいことにデザートが付いてないんですよね...。

願わくば、アイスクリームとか、食後に食べたかったな。

というわけで、デザートやお菓子が欲しい人は、持参されることをお勧めします。

三峯神社 興雲閣

アメニティは、小さいタオル・バスタオル・歯磨き粉と歯ブラシ・浴衣があります。

室内にドライヤーはありませんが、浴場には二つくらいドライヤーがありました。

あと各階のトイレにも、小さなドライヤーがありましたが、私はトイレで髪を乾かす気にはなれないわね。

部屋でゆっくり髪を乾かしたい方は、ドライヤー持参が望ましいでしょう。

櫛や綿棒はありませんので、持参が望ましいでしょう。

宿泊者スケジュール

三峯神社 興雲閣

・pm17:00までに:白い氣守り引換券を受け取ること
・pm17:00までに:早朝祈祷の予約をし、社務所でお札の料金を支払うこと

・pm17:30〜:白い氣守り頒布(6階頒布会場にて)
・pm18:00〜:夕食(6階の大広間にて)
・pm21:00以降:外出禁止
・pm24:00まで:入浴時間

・am5:00〜am7:00まで:入浴時間(以降清掃が入ります)
・am7:00〜:早朝祈祷(社務所に集合後、拝殿にて)
・am7:30〜:朝食(6階大広間にて)
・am10:00までに:チェックアウト(am10:00以降は休憩料金が発生する)

ご祈祷の予約をする

お部屋のお茶とお菓子で一息ついたら、忘れないうちに社務所で早朝祈祷のお札を選び支払いをします。

宿泊者は、1階の社務所に、興雲閣の中から行くことができます。

表側には、宿泊者以外の参拝者が列をなして並んでいます。

並ばずに、ご祈祷予約やお守りを購入できるのも、興雲閣宿泊者の特権です。

三峯神社 氣守り

白い氣守り以外の氣守り:1,000円や、各種お守りなども、ここで購入することができる。

・御眷属拝借のお札:4,000円

・御眷属拝借のお札を入れる木箱:2,000円
※神棚がある場合は、木箱に入れなくても良い。
木箱は毎回買う必要はなく、一度買えばずっと使える。

・ご祈祷とお札:5,000円
連名でのご祈祷もできます。
二つのお願い事を選ぶと、お札に書いて貰えます。

(家内安全・商売繁昌・心願成就・意願成就・諸災消除・開運・厄除け・当病平癒・海上安全・大漁満足・学業成就・身体健康・無病息災・身上安全・良縁成就・安産など)

チェックアウト、宿泊料精算時にご祈祷の領収書を見せると、宿泊料金から2,000円引きになりました。
ご祈祷の領収書は大切に保管しておくと良い。

この時点では、お札は受け取りません。

領収書を保管しておき、翌朝の早朝am7:00にご祈祷の後、お札を渡されます。

とりあえず、ここまでやっておけば一安心。

白い氣守りも、早朝祈祷も予約しておかなければダメなので、忘れぬうちに手配しておくのが無難です。

興雲閣 温泉

全ての手配を終えて、一段落した私たちは、温泉に入ることにしました。

宿泊者でなくても、日帰り入浴できます。

600円なり。タオルは別料金で100円です。

もちろん興雲閣宿泊者は無料です。

三峯神社

温泉の中はこんな感じ。

広くもなく、狭くもなく綺麗です。

三峯神社 興雲閣

ナトリウム塩化温泉とのことですが、ぬるっとした湯質です。

正直、まぁまぁかな。

塩素の匂いがして、あまり良い湯質だとは思えませんでした。

良い温泉って、湯上りにポカポカがずっと続くものだけど、そういうこともなかったし。

温泉目当てでここに来るには物足りないかな。

三峯神社の魅力は、温泉でもお守りでもなく、ご神気に包まれたこの空間そのものなので、ここにこれただけで満足です。

ちなみに、私が今まで行った温泉で、最高だったのは、大分県の「奥湯の郷」です。

奥湯の郷は、温泉も最高だったけど、本当にお水が美味しかったです。

あのお水の美味しさと、湯質の良さは忘れられないわ。

→大分のおすすめ宿 奥湯の郷 湯布院の自然が満喫できる温泉宿

温泉から上がって、しばらくお部屋でのんびりしました。

pm17:30には、いよいよ白い氣守りが頒布されます。

遅れないように、頒布会場へ行かなくちゃ。

→三峯神社へ行ってきた④ 興雲閣の食事 白い氣守り頒布 三峯の星空