日本橋の古樹軒へ中華食材を買いに行ってきた。

古樹軒

自宅で中華料理を作る時は、古樹軒の調味料を使うことにしています。

いつも通販サイトで購入していたのですが、今回初めて日本橋の古樹軒へ行ってきました。

古樹軒といえば、中華の高級食材フカヒレが有名ですが、高品質の調味料や生薬が揃う綺麗なお店でした。

店内は綺麗だし、お値段も中華街で買うより安いものもたくさんありました。

スーパーでは買えない無添加の本物の調味料もたくさん扱っています。

古樹軒、いいです!

古樹軒 アクセス

住所:東京都中央区日本橋箱崎町39-4

最寄駅:メトロ半蔵門線「水天宮前」駅より徒歩5分

営業時間:am10:30〜pm18:00(月〜土)

定休日:日曜・祝日・年末年始

古樹軒 公式ホームページ

古樹軒

古樹軒の入り口。首都高速を潜って、角地のビル1階にある。

平日の店内はガラガラで、のんびり買い物できた。

日本橋 古樹軒 店内の様子

古樹軒 日本橋

階段を上がり、玄関に入ると左手に「茶藝館」があります。

茶藝館の横の階段を上がると、中華食材がずらっと並んだ店内に入ります。

古樹軒

有名中華料理店でも使われる、レアな調味料がずらり。

スーパーでは買えないものばかりだが、お値段は良心的。

古樹軒

高そうな紹興酒や中国茶が並ぶ棚。

中国茶に関しては、台湾で買ったほうが良さそう。お値段的にも品質的にも。

→台北で中国茶を買うなら中国茶専門店 峰圃茶荘がおすすめ

古樹軒

白木耳、南杏、棗、なんでも揃う。

清潔なパッキングがされている上、中華街で買うより安いものもある。

古樹軒

照宝のせいろを発見。鍋付き2段で4,050円。

杉せいろと思われるが、中華街の照宝とお値段変わらないかも。

ただ杉せいろの安い方だと話は別。

→中華街の照宝へ蒸篭を買いに行ってきた

古樹軒の店内は明るく、清潔で、商品も選びやすく綺麗に陳列されています。

お値段も中華街より安いものもあれば、少し高めのものもありますが大差はないようです。

何よりここでしか買えない、無添加の本格的な中華調味料が揃っているのが魅力。

古樹軒で買うなら おすすめの本格調味料

オイスターエキス

古樹軒の調味料を買うなら、まずは是非、オイスターエキスを試してみて下さい。

私はオイスターソースなら、古樹軒一筋。

市販のオイスターソースは化学調味料たっぷりで甘すぎて、オイスターの風味などかけらもない。

あれでは納得できる中華料理の味が出せません。

古樹軒のオイスターエキスは、余計なものや化学調味料不使用の本物。

缶を開けた瞬間に、オイスターの香りがしっかりしますよ。

オイスターエキス

缶入りオイスターエキス:455g:1,296円

瓶入りオイスターエキスは190g:648円でちょっと割高になります。

オイスターエキス

古樹軒のオイスターエキスの原材料は「かき煮汁と加工でん粉」のみ。

YOUKIのオイスターソースと比較してみます。

オイスターソース

YOUKIのオイスターソースの原材料名。化学調味料を使用していませんと書かれていますが…。

原材料名:カキエキス、食塩、水あめ、砂糖、醸造酢、魚醤パウダー、トレハロース、加工でん粉、キサンタン

オイスターソース 原材料名

古樹軒のオイスターエキスと、市販のオイスターソースの違いは歴然でございますな。

ピーシェン豆板醤

こちらも化学調味料不使用の、本物の豆板醤。

陳建一も愛用の、麻婆豆腐を作るなら欠かせない豆板醤です。

ピーシェン豆板醤:250g:702円

豆板醤

原材料名:唐辛子・そら豆・食塩・小麦粉のみ

市販の豆板醤は酒精や酸化防止剤、デキストリンが入っていますが、古樹軒の豆板醤はシンプルな原材料のみですね。

市販の豆板醤と比べると色が黒っぽく、豆味噌のような風味があります。

辛過ぎない豆板醤です。

この豆板醤でなければ、本格四川料理中華料理店の麻婆豆腐の味は出ません。

ピーシェン豆板醤

ピーシェン豆板醤 250g【トウバンジャン】【本格麻婆豆腐に】【四川料理】

花椒油

本格的な麻婆豆腐に欠かせない花椒油。

四川料理の麻婆豆腐の痺れる辛味の後味を醸し出してくれるのが、この花椒油です。

山椒の香りと痺れる味わいが、四川料理には欠かせない調味料です。

花椒油:120ml:648円

花椒油

原材料名:菜種油・山椒のみ

こちらの花椒油を少量使うだけで、麻婆豆腐の風味がグッと本格的になります。

ちなみに古樹軒の調味料は、全て本格中華の味が好きな人向けだと思われます。

マルミヤの麻婆茄子のような味付けに慣れている方は、まずいと感じるかもしれません。

花椒油

花椒油(ホワジャオユ)

SR陳特製辣油

 

陳建一さんのお店「スーツァンレストラン陳」特製の手作り辣油です。

厨房でプロの料理人が一つずつ手作り。ラッピングまで手作業だそうです。

人気商品のため、スーツァンレストラン陳の店頭のみの取り扱いでしたが、古樹軒だけは特別に取り扱いさせてもらっているとか。

市販の辣油とは一味も二味も違う、本物の味です。

南杏と皇杏

市販の杏仁豆腐の素には、澱粉やコーンスターチが入っており、あれでは本物の薬効のある杏仁豆腐は作れません。

本物の杏仁豆腐を作るなら、皇杏から作るのが一番です。

南杏でも十分杏仁豆腐の薬効や香りがありますが、皇杏は杏仁豆腐のために開発されたものなので、やはり一番美味しいです。

杏仁豆腐の杏仁

南杏と皇杏については、横浜中華街より古樹軒の方が割安でした。

横浜中華街:100g:648円(南杏)

古樹軒:150g:648円(南杏)

古樹軒で南杏か皇杏を買うと、杏仁豆腐の作り方レシピをいただけます。

私は砂糖と生クリームを使わず、シンプルな材料で杏仁豆腐を作るのが好きですが、古樹軒のレシピで作る杏仁豆腐は高級中華レストランの味で、これもかなり美味しいです。

ちなみに私のレシピでは豆乳でも牛乳でも作れますが、牛乳で作ったほうが美味しいです。

→杏仁豆腐の作り方 砂糖と牛乳を使わないレシピと温かい杏仁豆腐デザート

皇杏(コウキョウ)150g(杏仁豆腐レシピ付き)

甜面醬

こちらは古樹軒でなくても買えると思います。YOUKIの甜面醬です。

YOUKIの商品は化学調味料不使用と謳いつつ、保存料が入っていたりするようですが、甜面醬については余計なものが入っていないようですので、うちではこちらを愛用しています。

うっすらゴマ風味で、美味しい甜面醬だと思います。

麻婆豆腐や棒棒鶏をこれで作ると美味しいです。

原材料名:味噌、砂糖、醤油、植物油脂(小麦、大豆、ゴマを含む)

甜麵醬

芝麻醬(当り胡麻)

胡麻タレや、担々麺を作るときに。

日本の練り胡麻は高価なので、心置きなく使えないのでたんまり使う時はこちらを愛用。

日本製の練り胡麻には劣るけど、なんといってもコスパがいいので。

1キロ:1,728円なり

練りゴマ

他に買った物いろいろ

古樹軒

・ふかひれ拉麺(2人前):1,080円

・粉末寒天(50g):356円

・白木耳(50g):432円

・鎮江香酢(165g):194円

実際に店舗へ行ってみて、今までは時々、横浜中華街へ買い出しに行っていましたが、今後は古樹軒のみで済ませてもいいかなと思います。

値段もそんなには変わらないし、ここでしか買えない調味料がいっぱいあるし、品質も安心だし。

お近くにお住いの方は、一度、古樹軒の店舗へ行ってみられると面白いですよ。

通販サイトは以前から活用していましたが、店舗にしかない品物もたくさんあるし、一度、店舗で実物を見ておけば、通販サイトも利用しやすいです。

古樹軒では現役の中華料理人による料理教室も開いているようですし、中華好きの方には一度は行ってみられることをお勧めしたい良いお店でした。

→横浜中華街へ薬膳生薬を買いに行ってきた。

→台北の問屋街で漢方食材を買う。