志楽の湯 都心から近い大人の癒しスポット

志楽の湯

志楽の湯は神奈川県川崎市にある天然温泉施設です。

都心から近く、手頃な価格で天然温泉を楽しむことができる私のお気に入りの施設です。

志楽の湯はいわゆるよくある健康ランドとは、一味も二味も違う、大人向けの癒しスポットです。

館内は全体的に薄暗い照明で落ち着ける雰囲気ですし、何より志楽の湯は客層がいい!

マナーが良く、大きな声で喋る人はほとんど居ません。

敷地内は全て禁煙ですし、無料駐車場もあります。

マクロビオティックの軽食やお蕎麦など、食事も美味しいです。

海外へ療養に行くのも好きですが、日本国内で気軽に行ける志楽の湯は、私のお気に入りスポットです。

志楽の湯 アクセス

住所:神奈川県川崎市幸区塚越4-314-1
電話番号:044-533-8888
フリーダイアル:0120-650-711
※JR南武線 矢向駅より徒歩6分

駐車場:50台無料

敷地内は全て禁煙

営業時間:am10:00〜24:00
※8月を除く毎月第3水曜日はpm15:00〜24:00

入館料

平日:大人(中学生以上):880円
土日祝日:大人(中学生以上):1,030円
※入管は5歳以上の方及びオムツを着用していない方のみに限る。

→志楽の湯 公式ホームページ

JR南武線 矢向駅より徒歩6分です。
住宅街の中にポツンとある施設なので、公式ホームページで地図をチェックしながら行った方がわかりやすいです。

志楽の湯

無料駐車場50台分。土日は混み合うので電車が無難。

志楽の湯

広々とした敷地。古民家風の情緒ある建物。

志楽の湯

雰囲気のある木の引き戸の入り口

志楽の湯

施設内のそこここに季節の花のしつらえが。

志楽の湯

回数券もあります。

志楽の湯 館内の様子

志楽の湯

受付け近くにある販売コーナー。

無農薬米や野菜、調味料もある。

志楽の湯

古民家を改造したような雰囲気の館内。

志楽の湯

畳の憩いスペース。囲炉裏がある。

薄暗い照明がリラックス効果あり。テレビはない。

一人でのんびりしている人も多い。

お喋りする人も殆どなく、とても静か。

いわゆる健康ランドとは一線を画す大人の癒し処。

志楽の湯

窓際のテーブル席からは、庭の緑が見える。

一人客も多く、皆さん思い思いに本を読んだり手帳をつけたり静かに過ごされます。

志楽の湯

作りたてのフレッシュジュース

志楽の湯

マクロビオティックのお惣菜やデザートはお手頃価格。

一皿170円程度で色々選べる。

志楽の湯

ドリンクメニュー。ここの生ビールはきめ細かい泡で普通に美味しいです。

志楽の湯 マクロビオティック

マクロビオティックのおつまみや食事メニュー。

冬季はおでんが一つ100円。

志楽の湯 マクロビオティック

私がいつも頼むのは切干大根のスープ:170円。

たっぷりの量でこのお値段はお得!

切干大根のスープは脂肪の燃焼を促進する。

志楽の湯

浴室までは広い木の廊下を渡っていく。

ここから庭の緑が見えて気持ちいい。

志楽の湯

志楽の湯は都心近くでは珍しい天然温泉。

湯質は海水に似た感じで、色は茶色っぽいです。

露天風呂、樽風呂、スチームサウナなどあります。

浴室内も天然木が多用されており、床は石。雰囲気あります。

お客さんはみんな静かに入浴してます。

志楽の湯は客層がいいので、気持ち良くくつろげます。

志楽の湯

浴室の反対側の廊下を渡ると、ごろ寝できるくつろぎスペースがあります。

畳スペースに枕とブランケットが用意されており、横になって休むことができます。

女性専用スペースと、男女兼用スペースがあります。

テレビも音楽もないので、本当に静か。

隣にはエステや整体マッサージのスペースもあります。

そばレストラン 志楽亭

営業時間:am11:00〜pm23:00

志楽亭は別館にある居酒屋風レストランです。

入館料を払わなくても利用できますし、館内の渡り廊下から下駄履きで入ることもできます。

館内のマクロビオティックコーナーも美味しいですが、志楽亭には美味しい日本酒がたくさんあるのでお酒を飲みたい方はこちらがおすすめ。

芝楽亭の蕎麦は、お手頃価格なのにとても美味しいです。

志楽の湯

志楽亭メニュー

志楽亭

ランチメニュー。

志楽そば膳:1,500円がおすすめ。天ぷらや刺身付きでお得。

志楽の湯

画像見にくくてすみません。志楽亭メニュー。

おすすめはそば御膳。

お蕎麦に天ぷらやお刺身などセットになっててお得。

志楽亭

焼酎と地酒のメニュー

志楽亭

地元神奈川県の地酒1,200円を頼んでみました。

微炭酸の日本酒とのこと。イマイチだったわ。

お酒はやっぱり米どころのものが美味しいかも。

エールビールなんかは神奈川県産で美味しいのあるけどね。

志楽亭

生ビールセット:980円は最初の一品としておすすめ。

ビールに枝豆、おつまみ3種付き。

こんにゃくの煮物、鴨ロース、イカの塩辛。

志楽亭

日替わりそば:700円。春はヨモギを練り込んだヨモギ蕎麦。

志楽亭

フグ皮ポン酢:650円・タコ唐揚げ:530円。

タコの唐揚げは量もたっぷりで美味しかった。

志楽亭

蕎麦ときのこのサラダ・春野菜と豆腐の揚げ出し汁:580円。

志楽亭

イワシの紫蘇揚げ。ちょっと脂っこかった。

今回はアラカルトで頼みましたが、志楽亭で飲むなら生ビールセットと、蕎麦と刺身と天ぷらがセットになった定食がおすすめです。

アラカルトは当たり外れがあるかな。

志楽の湯は川崎生涯研修センターと隣接しており、予約すれば宿泊もできるようです。

お正月やG・Wなど、湯治パックで宿泊と食事ができるようです。

本格的な温泉を楽しみたいなら、やはり都心から離れた湯質の良い温泉街へ行くのが良いと思いますが、交通費など気にせず気軽に利用できる志楽の湯は、ありがたい癒しスポットです。