MUNIカーペット倉敷店へ行ってきた。倉敷美観地区のモダンな段通絨毯の店

MUNIカーペット 倉敷 チャイニーズラグ

中国段通のMUNIカーペット倉敷本社店へ行ってきました。

MUNIカーペットの店舗は、南青山本店や広島にもありますが、この倉敷本社店は、店舗自体が昔の蔵を改造したような古民家のような雰囲気で、空間自体がとても素敵です。

照明も自然光を取り入れたりと工夫されており、手織り段通絨毯の展示がより自然な形で映えています。

MUNIの段通絨毯は高級品だし、現物をしっかり見てから選びたかったので、倉敷本社店を訪れましたが、素敵な空間に大満足。

倉敷の観光スポットとしても、お勧めのお店です。

MUNI 倉敷本社店 基本情報

〒710-0053
岡山県倉敷市東町2-4
Tel.086-426-6626
営業時間:am10:00〜pm18:00
定休日:火曜日・水曜日
専用駐車場あり(要問い合わせ)

https://muni.co.jp

倉敷美観地区を通る

MUNI倉敷店は、美観地区の端っこにあります。

美観地区をぶらぶら散歩しながら、川沿いの風景を楽しみつつお店を目指します。

倉敷美観地区

この橋を、人力車が渡って行った。

「はいからさんが通る」の時代に、タイムスリップしたよ。

川沿いの風景は、柳と桜のコラボレーション。

倉敷美観地区

倉敷美観地区は白壁の街と言われているけど、エリアとしては結構小さいので半日もあれば十分観光できる。

美観地区

店先に花のしつらえ。

美観地区の名に相応しい、意識の高さ。

綺麗な街は、ぶらぶら歩いているだけでも気分がいい。

美観地区

倉敷美観地区に行くなら、MUNIカーペット倉敷本社店以外にも、倉敷意匠で有名な「林源十郎商店」もお勧め。

いつも通販で購入しているけど、美観地区に行くなら是非、実店舗で現物を見ておきたい。

林源十郎商店はカフェも併設しているので、歩き疲れたらカフェでくつろぐこともできる。

MUNI倉敷本社店 店内の様子

MUNI倉敷本社店

美観地区を25分くらい歩いたところに、MUNI倉敷本社店はありました。

城下町だった倉敷らしい店構えに、入店する前からワクワク。

美観地区から少し離れた場所にあるので、観光地でも静か。

MUNI 段通絨毯

玄関前の外階段に敷かれた、藍染のMUNIカーペット。

外階段に高級段通?

土足で踏まれる場所なのに?

こんな贅沢許されるのだろうか?

ありがたく踏みしめながら、足裏から伝わる段通絨毯の分厚い感触を確認。

何人もの人に土足で踏まれ続けたはずなのに、この絨毯、全然へたってない。

織りの技術の確かさは、この踏み心地で折り紙付きである。

藍の色もここまで濃くムラなく発色させるには、相当何回も繰り返し染めてあるはず。

いいわぁ〜、素敵だわぁ〜。やっぱり、これ欲しいわぁ。

MUNI 段通絨毯

柔らかい照明の店内。

かなり年季が入ったいい味が出た床板に置かれた、たくさんの段通絨毯。

MUNI段通絨毯

木の壁面、一面に多種多様なMUNIカーペットが展示されている。

広げてあるから、全体の柄や色がとても見やすい。

種類が豊富で、目移りするわ。

どれもこれも、本当に素敵。

中国段通

MUNI倉敷本社店はスペースがあるので、たくさんの柄の絨毯を比較して選ぶことができる。

MUNIのラグは、中国段通の伝統的な絵柄が絶妙なセンスで現代に蘇っていて、どの柄も本当に素敵。

このような色合いと柄ゆきの段通絨毯は、ちょっと他では見つからないよ。

確かにこれは、唯一無二(MUNI)だわ。

雰囲気としては、鍋島絨通に通じるものを感じる。

しかし、鍋島絨通よりMUNIの中国段通の方が、よりモダンな雰囲気があり、現代の日本人のセンスや住空間にマッチする色やデザインになっている。

一昔前の中国段通は、フランスの影響を受けて作られていたこともあり、フランス人好みのコテコテした総花柄で、モワッとした中途半端に薄い色合いのものが大半だった。

私はあの時代の(というか今も結構あるけどね)中国段通が、ゾワッとするほど趣味に合わない。

はっきり言って、おばさん臭いんだよ、あのコテコテの花柄は。

あのタイプの段通絨毯玄関マットが敷かれている家の人と、趣味が合った試しがないね。

MUNIカーペット

親切な店員さんが、玄関マットサイズの商品を、何点かサイズ違いで広げて見せてくれた。

どのサイズもかなり厚みがあり、ずっしりと重さがあるのでズレにくく、玄関マットとして最適だとか。

思えば、私がMUNI倉敷店に初めて行ったのは、駆け出しの新卒OLだった数十年前。

MUNI倉敷店も開店間もない頃で、樋口可南子さんが雑誌で紹介するずっと前の事で、MUNIの段通カーペットはまだまだ有名じゃなかった。

その時、一緒に行った友達は、「結婚して家を買ったら、ここの玄関マットを買う。」と言っていた。

数年後、言葉通りその友達は、MUNI倉敷で新居用の玄関マットを買いました。

当時、17万円くらいだったそうです。

今のMUNIカーペットより10万円以上安いけど、それでも当時30代前半だった友達の旦那は「玄関マットに17万円!そんな玄関マットあるの?3千円のニトリでいいじゃん。」と驚いたそうな。

「良い運は玄関から入ってくるから、玄関マットの安物はダメ。

良い運がたくさん入ってきたら、17万円くらいすぐ元がとれるから。」と説得し、購入に踏み切ったそうな。

その時、定員さんの勧めで友達が購入した玄関マットは、今も現役で友達の家の玄関を守り続けている。

見た目、全然、変わってないし、毛足もへたって無いし、死ぬまで使えそうな勢いです。

因みにこの時、友達が選んだのは、伝統的な中国段通の「家庭円満」の図柄の玄関マットでした。

伝統的な段通の図柄には、それぞれ違う意味があるそうです。

家庭円満とか、魔を払うとか、子孫繁栄とか。

MUNIカーペット 倉敷 チャイニーズラグ

MUNIカーペットの公式ホームページで、サイズや値段表が掲載されているので、事前にチェックしてから店舗へ行くと良い。

定番商品が殆どだけど、とにかくMUNI倉敷では種類が豊富。

柄やサイズによって、値段は異なる。

MUNIカーペット 段通

MUNIのカーペットなら、都会のお洒落な男性の好みにも合いそう。

花柄の中国段通のイメージで行ったら、良い意味で衝撃を受けるほどのセンスの良さです。

高価でも価値ある一生モノの絨毯として、庶民の私は清水の舞台から飛び降りましたが、後悔はありません。

楽しくて嬉しい、思い出に残る、価値ある買い物になりました。