カメリアイン雪椿 金沢観光に便利で料理が美味しい家族経営のお宿

カメリアイン雪椿

カメリアイン雪椿は、石川県金沢市にある家族経営の小さなお宿です。

金沢観光にはうってつけの、兼六園徒歩3分の便利な立地もさることながら、一番の魅力はオーナー一家のホスピタリティ溢れるおもてなし。

センスが良い家具や食器など、宿全体がオーナーの好きなもので埋め尽くされていて、大きな旅館やホテルでは味わえない、ここだけの雰囲気を楽しませて頂きました。

お料理も、とっても美味しいお宿です。

コロナに負けず、頑張って欲しい素敵なお宿、カメリアイン雪椿をご紹介します。

カメリアイン雪椿 基本情報

カメリアイン雪椿は、金沢の兼六園徒歩3分の立地で、閑静な住宅街の中にあります。

古い町屋の佇まいを活かした小さなお宿で、蔵を改造したラウンジがあります。

客室は全7室、全室バス・トイレ・テレビ・冷蔵庫完備。アメニティグッズあり。

無料駐車場:8台利用可能です。

https://www.camellia.jp

宿泊プランや料金などは、上記の公式ホームページより確認できます。

私たちは、オールインクルーシブのプランで宿泊しました。


室内の様子とアメニティ

今回、金沢の町屋造りの宿に泊まってみたくて、カメリアイン雪椿を選びました。

町屋と言っても、リフォームされているようで、外観は意外と普通の住宅っぽい。

カメリアイン雪椿

玄関入ってすぐに、フロントがあります。

雪椿の看板と、古いタイプライターが雰囲気出してる。

言葉遣いの綺麗なオーナーの男性が、チェックイン対応してくれました。

旦那さんがメインで接客されているようで、奥さんは口下手みたいでした。

カメリアイン雪椿

階段を上がって、二階の部屋へ。

カメリアイン雪椿

廊下には窓が多めに設けられており、中庭の緑が見える造りになっています。

カメリアイン雪椿

壁にたくさんの絵画が掛けてあり、部屋までの道も退屈しません。

カメリアイン雪椿

二階の踊り場に、ウォーターサーバーとカップがあり、自由に飲むことができる。

カメリアイン雪椿

コーヒー、紅茶、ハーブティー、一通り揃ってます。

カメリアイン雪椿

さりげなく、イギリスの家具があったり。

カメリアイン雪椿

素敵な陶器のランプとスツール。

カメリアイン雪椿

昔の真空管ラジオがあったりして、雰囲気を醸し出してる。

カメリアイン雪椿

こじんまりした部屋ですが、掃除が行き届いて気持ちが良い。

カメリアイン雪椿

部屋自体には、町屋っぽさはなかったですね。ビジネスホテル風です。

カメリアイン雪椿

とりあえず一息つきたくて、ビールを戴きます。

オールインクルーシブプランだったので、これも料金に含まれてるんだって。

オーナーが、わざわざ部屋まで持ってきてくれました。

喉が渇いていたところに冷たいビール、美味しかったわぁ。

カメリアイン雪椿

冷たいビールを戴き、一息ついた後、部屋とアメニティなどチェックします。

お風呂はユニットバス。

カメリアイン雪椿

アメニティも十分です。歯ブラシ〜シャンプーリンスまで一通り揃ってました。

小さい冷蔵庫とドライヤーも部屋にありました。

薄手のバスローブがあって、部屋着とパジャマ兼用にできます。


蔵をリフォームしたラウンジ

今回の旅行では、金沢の町屋造りの宿を堪能することが最大の目的だったので、1日目は観光もせず宿の中でのんびり過ごしました。

カメリアイン雪椿は、部屋は普通のホテルのような仕様ですが、100年前の蔵を改造したラウンジがあって、静かに読書するには最適の空間です。

カメリアイン雪椿

フロントを抜ける廊下。

この先に、蔵を改造したラウンジがある。

カメリアイン雪椿

100年前の蔵を改造したラウンジ。

壁が分厚いせいか、静かで涼しい。

カメリアイン雪椿

ラウンジ内は、様々な照明で適度に照らされて、とても落ち着ける雰囲気に成っている。

カメリアイン雪椿

私が気に入ったのは、このアラバスターのインテリアライト。

どうしても同じものが欲しくて、オーナーにどこで購入されたのか聞いてしまった。

30年以上前からオーナーの自宅にあったもので、どこで買ったか思い出せないそう。

漆喰の壁に反射する灯りが素敵で、物欲のない私が久しぶりに本気で欲しいと思ってしまった。

インテリア系で素敵なものは、昔のものが多いね。残念….。

それにしても、この宿のオーナー、本当にセンスいいよ。

家具とか、イギリスのアンティークだと思う。

カメリアイン雪椿

ディナーまでの時間、ラウンジで、読書しながらスコッチを戴きます。

さりげなく、テーブルクロスはペルシャ更紗ですね。

細かいところまで、オーナー一家のセンスを感じます。

カメリアイン雪椿

スコッチグラスに、アイスペールまで持ってきてくれました。

自家製ハムのおつまみまでついてきて感激!

市販品にはない、やさしい味。

これも、オールインクルーシブの範囲のサービスだって。

こんなによくして貰って、なんだか申し訳ないと感じてしまうほど。

カメリアイン雪椿

オーナーが絵がお好きなのか、至る所に絵画が飾られています。

カメリアイン雪椿

椅子も一点ずつ違い、コレクションされたもののようです。

カメリアイン雪椿

ラウンジ内には、本や画集がたくさんあって、自由に読むことができます。

カメリアイン雪椿

もともとは蔵なので、天井が高い。

空間に圧迫感がないのでリラックスできる。

カメリアイン雪椿

小さいけど中庭があった。

カメリアイン雪椿

かなりリフォームされているので、金沢町屋の雰囲気は希薄ですが、オーナーのセンスでとにかく素敵な空間に仕上がっていました。

こんなにリラックスできたのは、久しぶり。

良い時間を過ごせました。

ありがとうございました。


カメリアイン雪椿のディナー

カメリアイン雪椿では、食事は一階のレストランフロアーで戴きます。

カメリアイン雪椿 カメリアイン雪椿

趣味のいい友人の自宅に招かれたような雰囲気。

カメリアイン雪椿

細かいところまで手抜きなし。照明も素敵❤️

カメリアイン雪椿

レストランフロアーにも、絵画が。

カメリアイン雪椿

電話まで、拘って選ばれてる。

って、あんた、どんだけインテリア好きなんよ。

一点の隙もない調度品選びに乾杯。

その志、ブラボーと言わせて貰うよ。

若旦那によると、この電話、お飾りではなく現役で使えるそう。

カメリアイン雪椿

いよいよ、お待ちかねのディナータイム。

甘海老の前菜に合わせて、まずは白ワインをお願いしました。

ボトルで出てきた、、、。

オールインクルーシブに含まれるそうです。

ええんかな?

カメリアイン雪椿

・甘海老と金沢野菜の前菜

カメリアイン雪椿のディナーは、若旦那のお母様が担当されているそうです。

若旦那は謙遜して「素人の手料理ですが、、。」と仰っておられましたが、なかなかどうして。

盛り付けもお味も心がこもってて、とっても美味しかった!

カメリアイン雪椿

テーブルセッティング。ランプで雰囲気出してた。

客層は、大人の二人組みか一人旅の女性ばかりでした。

子連れ向きの宿ではないよ。

薄暗い空間で、静かにサービスを楽しむ大人向きの宿です。

私が行った時は、コロナで中国人客が全く居なかったのも良かったのかも。

静かに、美味しいお料理とお酒をゆっくり楽しめました。

カメリアイン雪椿

飛竜頭も自家製。

手間かかってると思うな。

カメリアイン雪椿

きのこのスープ。特筆すべきはこの器。

カメリアイン雪椿は金沢の宿なので、洋食でも九谷焼の食器が使われていました。

九谷焼って絵付けがカラフルで、本当に可愛いですね。

私は基本的にはシンプルな食器が好きですが、カメリアインに泊まって九谷焼の可愛らしさに開眼してしまいました。

カメリアイン雪椿

野菜は、地元の新鮮な金沢野菜を使っているそうです。

カメリアイン雪椿

サラダの器も九谷焼。

新鮮な生野菜は美味しいですね。

量もたっぷりで満足。

カメリアイン雪椿

ここから肉料理が出るということで、能登の赤をお願いしました。

う〜ん。これはまぁまぁだったかな。

しかし、これもオールインクルーシブだそうで、ほんまにええんかな?

カメリアイン雪椿

ステーキ。どこの肉かは忘れた。

器はモダンな絵柄の九谷焼❤️

カメリアイン雪椿

料理上手なマダムの自宅に招待されて、気合の入った料理を振舞われているような、絶妙なおもてなし加減でございます。

この感じ、高級旅館の料理長では出せない心尽しの妙。

マダムが持てるセンスを発揮して、やってみたかったもてなしを全力でやってみたという気合を受け取りました。

カメリアイン雪椿

締めはパン。これが手作りだったかどうかは聞き忘れた。

朝食のパンは、自家製手作りパンでした。

カメリアイン雪椿

お腹いっぱい、ごちそうさまでした。

カメリアイン雪椿 朝食

カメリアイン雪椿は、B&Bで朝食のみのプランもあります。

夜は、金沢市内の料理屋で夕食を摂り、カメリアイン雪椿に泊まり、朝食だけ食べるというお客さんも結構おられましたね。

カメリアイン雪椿は、朝食も手抜きなく美味しいので、B&Bでも価値あると思います。

カメリアイン雪椿

手絞りの100%オレンジジュース。

搾りたてのフレッシュジュースなんて、自分で作らない限り滅多に飲めるもんじゃない。

凄く美味しかったです。もっと飲みたかった。

カメリアイン雪椿

ポテトのポタージュスープ。

朝食は、若奥様が担当されているそうです。

カメリアイン雪椿

具沢山キッシュと自家製ハムなど。

カメリアイン雪椿

地元野菜の和風生サラダ

カメリアイン雪椿

自家製手作りパン。

種類もいろいろあって、お代わり自由でした。

カメリアイン雪椿

ランチョンマット代わりに敷いてあるのは、カメリアイン雪椿のオリジナル手ぬぐい。

女性はえんじ色、男性は緑色の手ぬぐいが敷かれてました。

この手ぬぐい、食後に持ち帰って下さいとのこと。

なんて心憎いサービスなのかしら❤️ と思ったら、この手ぬぐいは若奥様のオリジナルデザインだそうです。

なんでも、若奥様は着物の友禅の絵師だったそうで、芸術に造脂が深いご一家なんだなぁと色々納得しました。

夕食も朝食も美味しかった。ごちそうさまでした。

カメリアイン雪椿 感想

今回、金沢の町屋造りの宿に泊まることを目的にカメリアイン雪椿を選びましたが、宿全体がかなり現代的なリフォームを施されているようで、古い町屋の雰囲気は感じられませんでした。

宿の外観は一般の住宅のようにも見えましたし、部屋はユニットバスで、ビジネスホテルみたいでした。庭もかなり小さかったです。

金沢の町家の雰囲気を求めてくると、期待外れかもしれません。

しかし、蔵を改造したラウンジは、リフォームしても蔵の雰囲気がありましたし、何より宿全体に趣味の良い調度品が溢れていて、別の意味で目を楽しませて貰いました。

若旦那の人柄も魅力で、親切で本当に気持ちのよい接客をして頂き、お陰様でノーストレスの時間を過ごすことができました。

言葉遣いが綺麗で、育ちの良さを感じさせる素敵な若旦那です。

食事も美味しかったし、九谷焼の器で目も楽しませていただきました。

器好きには、美味しさと楽しさ2倍楽しめるお食事です。

朝食も自家製パンや手搾りジュースなど、心がこもっていて本当に美味しかった。

立地的にも兼六園まで徒歩で行ける便利さは、魅力です。

お陰で、夜の兼六園のライトアップも楽しめました。

カメリアイン雪椿には、敷地内に8台分の無料駐車場があり、車で旅行するにはとても便利でした。

美味しい食事とオーナーの人柄、また是非行きたい素敵なお宿です。

カメリアイン雪椿、コロナに負けず、これからも続けて下さいませよ。

また、寄せてもらいます。

大分のおすすめ宿 奥湯の郷 湯布院の自然が満喫できる温泉宿

阿蘇のおすすめ宿 内牧温泉の御料理旅館 親和苑

三峯神社へ行ってきた④ 興雲閣の食事 白い気守り頒布 三峯の星空