ユーファイで子宮ぽかぽかセルフケア

ユーファイ

ユーファイって知っていますか?

日本ではまだまだ馴染みがない言葉ですが、タイの伝統的な産後養生ケアのことです。

私は妊産婦ではありませんが、ユーファイを生理中のセルフケアに取り入れてから、生理中、生理後をとても快適に過ごせるようになりました。

ユーファイケアは産後ケアだけに使うのはもったいない。

生理不順に悩みながらも忙しく働いている、若い女性にもお勧めしたいです。

ここでは私が実際にどのようにユーファイをセルフケアに使っているかをご紹介したいと思います。

ユーファイ(タイ古式産後養生)とは

ユーファイとはタイの伝統的な産後養生ケアのことです。

ユーファイとはタイ語で「火のそばに居る」という意味で、その名の通り、産後は徹底的に体を温め、デトックス作用の高いハーブも併用しながら、出すべき悪露を出し切るよう促すケアです。

出産のために作り変えられた身体が元の状態に戻ろうとする本来の力を応援するデトックスケアがユーファイです。

タイでは出産直後の女性のための産後ケアのノウハウが確立されており、産後の肥立ちを良くする意識が高いことが伺えます。

ユーファイの主な効果

産後の悪露を出し切る。子宮の回復を促す。

減量を促す。妊娠により作り変えられた身体を元の状態に戻す。

妊娠により黒ずみが出た肌を回復させ、セルライトを防止する。肌のアンチエイジング。

母乳を出しやすくする。

ホルモンバランスを整え、産後の肥立ちを良くする。

更年期障害になりにくくなる。

ユーファイの主な施術内容

タイでは出産後の娘を実母と姑が協力してケアする習慣があります。

ユーファイケアの内容も各家庭、地域によってそれぞれ違いがあります。

本来はもっとたくさんの種類の施術があるのですが、セルフケアで取り入れられそうな7種類は以下のとおり。

①ハーブボール

薬草を包んだ布を身体に押し当てるマッサージ。

②ハーブサウナテント

サウナテントの中でハーブのスチームを浴びる施術。

体内の老廃物を排出させる効果が高い。

③ハーブソルトポット

塩を素焼きの壷に入れ、直火で温めたものを二枚の布で包み、身体(特に腹部)をゆっくりと押さえるように温めていく施術。

布と布の間には生ハーブやデトックス効果の高いハーブパウダーミックスを挟む。

腹部と子宮の冷えを取る効果がある。

④ホットブロック

直火で温めた溶岩ブロック(レンガ)をタオルに包み、身体を温める施術。

⑤ハーブスクラブ

何種類かのハーブスクラブを水で溶きペースト状にしてパックし、肌の黒ずみを取る。

⑥チネイザン

腹部の内臓マッサージ

⑦オイルマッサージ

薬草オイルを使ったリンパマッサージ

 

これ以外にも、タイマッサージやハーブやスパイスを使った食事療法など、産後ケアとしてのユーファイトリートメントの種類はたくさんあるようです。

私は生理不順対策と、腹部の冷えとりのため、ハーブソルトポットを活用しています。

ユーファイ

生理不順対策として今まで色々試してきましたが、ハーブソルトポットが一番即効性がありましたね。

手軽に続けやすく、費用も安いことも良かったです。

もっと若い頃からソルトポットで生理中にセルフケアをしていれば良かった。

 

私はどちらかというと瘦せ体型なのですが、下腹部だけポコっと出ているのが長年の悩みの種でした。

腹筋しても下腹部だけは出たままなんです。

そしていつもお腹が冷んやり冷えていました。

ヨガクラスなどで丹田に力を入れて〜と言われても、全然丹田というものが意識できない。

病気じゃないんだけど、疲れやすくていつもちょっと元気がない感じでした。

生理中にソルトポットでセルフケアするようになってから、お腹の冷えが取れて、長年のお付き合いだった下腹部ぽっこりがなくなってきました。

何より生理期間終了後、凄く体調が良くなります。

身体の中の余計なものが、生理と一緒にしっかり排出されているからだと思います。

ソルトポットをセルフケアとして使う際には、まずユーファイ講習を受けることをお勧めします。

セルフケアの講習料金は安価ですよ。ユーファイ協会のホームページに料金や詳細が載ってます。

→ユーファイ協会

ユーファイ協会の講習を受けるメリットは、初心者講習を終了したらソルトポットやハーブを通販サイトで半額で購入できるようになることです。

もともとそんなに高くない(素焼きの壷が3,000円くらい)のですが、半額で買えたらますますありがたい。

それに高品質のタイハーブは日本で入手するのは難しいですが、会員になってユーファイ協会の通販サイトを利用できるようになったおかげでセルフケアを継続することができました。

タイハーブの知識も必要だし、使い方にもコツがあるので、講習を受けないでセルフでソルトポットをするのは難しいと思います。

→私が講習を受けたサロンはこちら

ハーブソルトポットのやり方

★必要な物

・木綿の布2枚(ソルトポットを包むために使用)
・素焼きの壷
・乾燥ハーブと生ハーブ
・海塩

★使う物

・ガスコンロ
・鍋つかみ
・タオル
・植木鉢(熱くなったソルトポットを仮置きするために使用する)

①一枚目の布の上にドライのタイハーブを広げる。
写真はミックスハーブパウダーとウコン、生姜など。ウコンのハーブパウダー

 

②2枚目の布をのせ、生ハーブを広げる。
写真はびわの生葉。

ビワの葉

③海塩を詰めた素焼きの壷をガスコンロで温めたものを生葉の上にのせる。
 生葉に熱が伝わり、ハーブの良い匂いが部屋に漂う。

ソルトポット

④布で包んで、緩まないようにしっかり結ぶ。

⑤そのまま持つと熱いので、鉢の上にのせて持ち運ぶ。
私はベッドサイドに運んで、寝る前にソルトポットをするのがお気に入り。
身体が温まってよく眠れる。

⑥温かいソルトポットを押し当てるように腹部をマッサージ。
腹部だけでなく、胸周りや腰、太ももなど冷えを感じる箇所にも押し当てて。

⑦使用後は生葉をソルトポットから剥がして捨てる。
乾燥ハーブパウダーは何度も使い回しできるので経済的。

私は生理二日目と三日目にソルトポットを使用しています。

生理中はいらなくなった子宮内膜を出し切ることが肝心です。

古い経血が残ったままだと体調不良の原因になります。

ユーファイは本来、産後に悪露などの出すべきものをデトックスさせるためのものなので、生理中にソルトポットを使うのは効果的です。

生理は毎回小さな出産のようなもの。

上手にセルフケアすれば、生理周期でしっかりデトックスすることができます。

女性は生理を味方につけないと、綺麗になれないですね。

ソルトポットも最近ではエステサロンなどでぽろぽろ見られるようになりましたが、やはり毎回エステだと費用もかさみますよね。一回7,000円くらいはかかりますから。

セルフケアなら一回/500円もしないんじゃないかな。

乾燥ハーブは何回も使い回しできるし、私は生葉が手に入らない時はスキップしてます。

慣れてくるとコツも分かってくるし、ソルトポットでセルフケアお勧めです。