ミキの作り方 砂糖不使用の発酵食品 ミキ入り蒸しパン

ミキ 作り方

ミキとはお米と黒糖とさつま芋を発酵させて作る、沖縄の発酵飲料です。

田町まさよさんの「こころとからだ 奄美 再生のレシピ」を読んで、ミキの事を知りました。

田町さんのレシピでは、砂糖を使わず、お米とさつま芋でミキを作ります。

ミキという音はお神酒に通じ、神様に捧げる神聖な飲み物だそうです。

暑い沖縄の夏の食欲がない日には、食事代わりにもなる滋養のある発酵食品です。

ミキは温度管理が不要なので、発酵食品としては手軽に作れます。

冷凍保存もできるので、まとめて作って少しずつ解凍して食べられます。

材料の量はわりと適当でも作れるので、私の好みの分量になってます。

米水飴を入れるのは発酵しやすくするためと、少し甘味をつけるための私のアレンジです。

ミキの作り方

材料

・白米:500g(米4合)

・水:2L

・さつま芋:120g

・米水飴:大さじ2(入れなくても良い)

①白米を洗って、分量の水でお粥を炊く。

ミキ 作り方

②お粥が炊けたら、冷めるまで右回りによく混ぜる。

さつま芋を加える前の、お粥を混ぜているこの時は混ぜるのにとても力が要りますが、頑張って混ぜる。

ミキ 作り方

米水飴を加えて続けて混ぜる。(米水飴は入れなくても良い)

ミキ 作り方

③さつま芋は洗って30分ほど水にさらし、すりおろす。

ミキ 作り方

④お粥が冷めたら、擦りおろしたさつま芋を加え、引き続き混ぜる。

ミキ 作り方

混ぜていると急に混ぜやすくなる時がくるので、それまではしっかり混ぜること。

さつま芋を入れる前のお粥の状態とは比べものにならないほど、楽に混ぜられるようになる。

混ぜ終わったら、鍋に入れたまま、常温において発酵させる。

様子を見ながら、発酵するまで時々混ぜること。

暑い日だと一晩。寒い日だと2〜3日で発酵する。

発酵すると少し酸っぱい匂いがする。

私は長岡式酵素玄米を食べているので、酵素玄米専用の保温ジャーの上に鍋を置いて発酵させます。

これだと一晩で発酵します。

→酵素玄米の炊き方を写真付きで解説 種菌なしで炊ける長岡式酵素玄米

ミキ 作り方

⑤発酵したらバーミックスにかけ、滑らかにして出来上がり。

ミキ 作り方

冷蔵庫で保存。2週間は保つ。

発酵が進むと酸っぱくなりすぎるので、冷凍保存しても良い。

ミキ

砂糖不使用のミキは、酸味があって甘くはないです。

砂糖が入っていないので、料理に使いやすい。

ミキを入れたクコの実アイスクリームは、作り方も簡単でおすすめ。

クコの実たっぷりで、アイスなのにヘルシーです。

→手作りアイスクリームのレシピ9種 生クリーム、卵黄、コンデスミルク不使用のヘルシーアイス

ミキ入り黒糖蒸しパン 作り方

油、乳製品、卵不使用の簡単蒸しパンです。

黒糖の甘みが素朴なおやつ。

材料

・小麦粉:200g

・黒糖:50g

・ベーキングパウダー:5g(アルミフリーのものが良い)

・ミキ:200cc

①小麦粉、黒糖、ベーキングパウダーをボールに入れ、よく混ぜる。

黒糖の粒をスプーンで潰す。

ミキ 蒸しパン

②ミキを全て加え、さっくり混ぜる。

ミキ 蒸しパン

固さを見て、固いようならミキを足す。

ミキ 蒸しパン

③生地を方に入れ、蒸し器で蒸す。

串を刺して、生地がつかなくなったら出来上がり。

ミキ 蒸しパン

ミキがたっぷり入っているので、普通の蒸しパンよりどっしり、しっとり。

冷蔵庫で冷やしておくと、さらに味が浸みて美味しいです。

黒糖なしで作れば、パンの代わりにも。

レーズンやリンゴ、さつま芋などを加えてアレンジしても美味しいです。

私がミキを知ったのは、田町まさよさんの本からでした。

ミキの作り方やアレンジメニュー、伝統的な奄美大島の料理レシピの他に、エッセイ記事も多く、自然と共存する大切さが奄美大島の暮らしを通して自然と伝わって来る名著。

働きながら都会で暮らす者にとっては、なかなかこんな生活は出来ないし、食材も手に入りにくいというのが正直な感想ですが、志をおすそ分けして戴けるという意味で、一読に値します。

共感できたのは「白砂糖をできるだけ使わないこと。化学調味料を避けること。」

本当に気をつけるべきは、その程度でいいんじゃないかなと、大きく同意。

私なら「白砂糖を使わない・悪い油は避ける・できるだけ無農薬野菜を選ぶ・化学調味料、保存料は避ける・本物の調味料を使う」この5点だけでOKですね。

現代ではいろいろな健康法が、次から次へと出てきます。

健康食品や健康法、食事理論の講座自体が巨大マーケットとなっている現代では、食べることとお金が直結しているように思えます。

確かに中には健康に良いものもあるのかもしれない。

でも食べることってそういうものじゃないんじゃない?

いろいろな食に関する理論を勉強したり、実践したり、発酵食品も試してきましたが、いつも違和感を感じてきた。

特に食に関することが、まるで宗教のように狂信的になっている人たちには、非常に抵抗を感じます。

なんか恐いんだよ、ああいう人たち。

一緒に食べてると、食べ物がまずく感じるわ。

・私が目指すのは、できるだけ手作りで美味しい料理を作り、喜んでもらうこと。

・季節の食材をできるだけ料理に取り入れて、自然と調和した季節感ある生活をすること。

・家族や自分の体調を把握する方法をマスターし、食事で体調を調整できるようになること。

こういう事が、昔のおばあちゃんのように、本を見なくても自然とできるようにいつかはなりたい。

・家族が喜ぶメニューをマスターすること。

男の人って、餃子にビールとか、ラーメンとか好きでしょ?

たまにはそういうのも、美味しいと思ってくれるなら作りたいわね。

本当は母親やおばあちゃんに、生活の中で身につける形で教えてもらえれば良かったのですが、私はそれができなかった。

なので、今頃になって自分で一生懸命勉強してます。

このブログは自分で試して良かったものを記録する、忘備録のようなものです。

同時に誰かのお役にも立つとすれば、嬉しいなと思っています。