オニオングラタンスープの作り方 

オニオングラタンスープ

オーバカナルのオニオングラタンスープが好きで、真似して作ってみました。

オーバカナルのオニオングラタンスープは、玉ねぎが丸ごと入っていますが、丸ごと玉ねぎを飴色になるまで炒めるのは大変なので、家庭で作りやすいシンプルな材料と方法で作っています。

フランスではよくオニオングラタンスープを食べるとか。

ポイントは玉ねぎを飴色になるまで炒めることと、茅野やの野菜だしを使うことだけ。

市販のブイヨンやコンソメは添加物だらけですが、茅野やだしは無添加なのに旨みが出て美味しいです。

玉ねぎは飴色になるまでたくさん炒めて、冷凍保存しておけば、次回作るとき簡単です。

オニオングラタンスープ 作り方

材料(4人分)

・玉ねぎ:3個

・ニンニク:1個

・バター:20g

・塩:少々

・小麦粉:大さじ1

・茅野や野菜だし:1袋(袋から破って中身を使う)

・水(あれば万能酵母液):500cc

・ローリエ:1枚

・フランスパン:1/2本

・溶けるチーズ:適量(セルロース不使用のもの)

玉ねぎと万能酵母液の相性はとても良いです。

玉ねぎの甘みを引き出してくれます。

万能酵母液があれば、是非、水の代わりに使ってみて下さい。

①玉ねぎとニンニクを薄切りにする。

玉ねぎはたっぷりの量に思えますが、炒めると量が減ります。

オニオングラタンスープの作り方

②鍋を熱して、バターを溶かす。

オニオングラタンスープ

③玉ねぎとニンニクを飴色になるまで、25分間ほど弱火で炒める。

オニオングラタンスープ

④玉ねぎが飴色になったら、小麦粉を加えてさっと混ぜる。

玉ねぎはこのくらい量が減ります。

オニオングラタンスープ

⑤茅野や野菜だしと水(あれば万能酵母液)とローリエを加え、塩少々で味を調える。

 弱火で10分煮込む。

オニオングラタンスープ

これでスープは出来上がり。

オニオングラタンスープ

⑥フランスパンを表面に軽く焼き色がつく程度に焼く。

耐熱皿に一口大に切った、フランスパンを並べる。

オニオングラタンスープ

⑦オニオングラタンスープをたっぷりかける。

オニオングラタンスープ

⑧とろけるチーズを全体を覆うように満遍なくかける。

オニオングラタンスープ

チーズはセルロース不使用のものがおすすめです。

原材料名が生乳と食塩だけのもの。

成城石井で買った、よつ葉の北海道十勝100はセルロース不使用のチーズでした。

セルロース不使用 チーズ セルロース不使用 チーズ

⑨オーブン180℃で15分焼く。

上のチーズが溶けて、焼き色がつけばOK。

オニオングラタンスープ

玉ねぎとパンがトロッとして、飲むというより食べるスープです。

うちではグラタン皿で作っていますが、オーバカナルや、本場フランスでは、ライオントリフボールという深めのスープ皿で戴きます。

パイ包みスープなどにも、ライオントリフボールが使われます。

市販のブイヨンやコンソメは、無添加と銘打たれていても、原材料名を見ると、結構自然のものではないものが入っています。

茅野やの野菜だしは市販のブイヨンやコンソメと比べると、鋭さがない優しい味です。

うちは味噌汁は茅野やだし、コンソメやブイヨンの代わりに野菜だしを愛用しています。