ハーブシャンプーのやり方 薄毛の男性に特におすすめ ふのりトリートメント

ハーブシャンプー ふのりトリートメント

数年前から市販のシャンプーの使用感が気持ち悪く感じ始めました。

石鹸シャンプーや湯洗いを試してみましたが、どうもスッキリしない。

最終的に落ち着いたのが、ハーブシャンプーと粉末ふのりを使ったトリートメントでした。

ハーブシャンプーは自分でハーブパウダーをブレンドして作ってもいいですし、マハラニのお湯と混ぜるだけのハーブシャンプーでも良いです。

ハーブシャンプーだけでは髪のツヤが足りないと感じるので、時々、粉末ふのりでトリートメントしています。

ハーブシャンプーと粉末ふのりトリートメントで、頭皮も健康、髪もツヤツヤです。

万能酵母液で溶いたハーブシャンプーは特におすすめ!これ最強です。

ハーブシャンプーは、薄毛の男性にもおすすめです。

ハーブシャンプー 3種類の作り方

ハーブシャンプーの作り方は、大きく分けて3種類あります。

①ホールのハーブを煮出して作るハーブシャンプー

これは材料の調達も大変ですし、手間もかかるので私はやりません。
そこまでしなくても、ハーブパウダーをお湯に溶かすだけで十分効果があります。

②各種ハーブパウダーを好みでブレンドし、お湯に溶かして作るハーブシャンプー

昔は私もこれをやってました。今はたまにあり合わせのハーブパウダーで作る程度です。

個人の好みや悩みに合わせて調合できるのが良いです。

ハーブパウダーをたくさん揃えるのにお金がかかるのと、二人ではハーブパウダーを新鮮なうちに使い切れないので止めました。

③マハラニのハーブシャンプー香る髪を、お湯に溶かして作るハーブシャンプー

結局、これに落ち着きました。

マハラニのハーブシャンプーは既に各種ハーブをブレンドしてあるので、お湯に溶かすだけで使えて便利なので。

ただ、溶かす量はものすごく減らしてケチって使っています。

マハラニのおすすめは、100ccのお湯に大さじ1のハーブシャンプーとなっています。

私は250ccの万能酵母液に小さじ1のハーブシャンプーで十分OK。

これなら1袋100gで相当保ちます。

いろいろなハーブパウダーを買い揃えるより、コスパもいいです。

ハーブシャンプー やり方

材料
・マハラニハーブシャンプー
・ぬるま湯(あれば万能酵母液)

・ドレッシングキーパーのような容器

※ハーブシャンプーの量は好みで調整する。
マハラニでは100ccのお湯:ハーブシャンプーパウダー大さじ1 を推奨しています。
私は250ccの万能酵母液:ハーブシャンプーパウダー小さじ1です。
洗い上がりがスッキリしないと感じる場合は、パウダーの量を増やして調節して下さい。

お湯で溶いてもいいですが、ハーブシャンプーは是非とも万能酵母液で溶いて使ってみていただきたい!

生きている玄米酵母と、天然のハーブパウダーで頭皮を洗う。

そのパワーは推して知るべし。

万能酵母液のみで洗髪する方もおられるようですが、私はスッキリ感が欲しいのでハーブパウダー&万能酵母液が最強コンビだと自負しています。

ただ万能酵母液を作る手間がかかりますので、お湯で溶いてもOKです。

→万能酵母液の作り方

①ドレッシングキーパーにマハラニの香る髪ハーブシャンプー粉と、お風呂のお湯(または万能酵母液)を入れ、シェイクする。

最初から粉を入れてしまうと底で固まりやすい。

少量のお湯を入れた上に粉を加え、その上にお湯を全部加えて振ると混ざりやすい。

お湯はわざわざ沸かさなくても、髪を洗う前にお風呂のお湯を使えば良い。

ハーブシャンプー

ハーブシャンプー
シェイクすると、天然サポニンの効果で泡立つ。

最初は100均のドレッシングキーパーを使っていましたが、シェイクするとき漏れやすいのと、容器の中が綺麗に洗えないのが嫌で今は使っていません。

ドレッシングキーパー
100均で買ったドレッシングキーパーは、蓋が外れやすくて使いにくかった。

いろいろ試して一番使いやすかったのが、スーパーで買ったアガペシロップの空き容器。

このアガペシロップの空き容器、蓋が固くてかっちり閉まり、強くシェイクしても液漏れしません。

ご自宅にある、使いやすい空き容器でいいと思います。

ハーブシャンプー やり方
アガペシロップの容器はおすすめ。これで3日分作れる。

②乾いた髪をかき分けながら、頭皮にハーブ液を染みこませていく。

ハーブシャンプー前に、髪と頭皮を濡らしてはいけない。

乾いた髪の頭皮に、直接ハーブ液をつけていきます。

ハーブシャンプーで洗いたいのは頭皮です。

頭皮を動かすようにマッサージしながら、ハーブ液を地肌に馴染ませていく。

泡は立ちません。

ハーブ液が冷たいと、塗布する時ヒヤッとして不快なので、使う前に湯船のお湯に容器ごと浮かせて温めておくと良い。

③頭皮全体にハーブ液が行き渡ったら、少しお湯をかけて地肌のシャンプーを髪にも伸ばすようにして、髪の毛ももみ洗いする。

④最後にたらいにお湯を張った中に頭をつけ、全体をお湯で洗う。

ハーブシャンプー後に、リンスはしません。

ハーブシャンプーを使い始めの頃は髪がきしむように感じますが、洗い流した後ドライヤーで乾燥させると、通常は髪がサラサラになります。

市販のシャンプーやリンスに慣れている方は、しばらくは髪がきしむように感じますが、頭皮が健康になるにつれ、だんだんときしみがなくなります。

あまりにパサつきが気になる場合は、毛先のみ少量のオイルをつけた後、ドライヤーで乾かします。

ハーブシャンプー液の保存方法

お湯で溶いたハーブシャンプー液は、冷蔵庫保存で1〜2週間保ちますが、できるだけこまめに作って作りたてを使用した方が良いです。

まとめて作ると容器が大き過ぎて使いにくいですし、ハーブパウダーが容器の底に溜まりやすいので濃度にムラが出ます。

200cc〜400cc入る容器で、3〜5日ごとに作るのが一番使いやすいです。

万能酵母液で作る場合は発酵が進みますので、3日以内ごとに作って冷蔵庫保存します。

ハーブシャンプー液に使う万能酵母液は、発酵止めの塩を入れないものを使います。

ハッカ油で香りをつける

マハラニの香る髪シリーズには、いろいろな香り付きのハーブシャンプーがありますが、私は匂いなしのプレーンタイプを使っています。

プレーンタイプが一番安いです。

このプレーンタイプのハーブパウダーに、ハッカ油を一滴たらすのがおすすめ!

ミントの香りがほのかにして、洗い上がりのスッキリ感も出ます。

ハッカ油は20mlで十分です。薬局でも購入できますよ。600円前後です。

入れすぎは要注意!1滴で十分効きます。

ハッカ油を入れすぎるとヒリヒリします。

男性はタマにきますので、お気をつけあそばせ。

ハーブシャンプー やり方 まとめ

・ハーブパウダーの量は好みで調整する

乾燥する季節にはハーブの量を少なめに、夏場は多めにすると良い。

私は250ccの万能酵母液:小さじ1のハーブパウダー

・ハーブシャンプーは乾いた髪と頭皮に塗布する

濡れた頭皮では、ハーブ液が十分に入っていかない

・ハーブ液が目に入ると、鋭く沁みるので注意

・冷たいハーブ液を頭皮につけると不快感があるので、使う前に湯船に容器ごと浮かせて温めると良い

・ハーブシャンプーで洗いたいのは、髪より頭皮

・ハーブシャンプー後、リンスは使わないこと

・ハーブシャンプーは冷蔵保存で1〜2週間保つ

・ハッカ油を1滴加えると、ミントの香りがつき、スッキリ感も増す

粉末ふのり トリートメントのやり方

化学合成されたシャンプーが普及し始める昭和中頃前までは、日本人は布海苔(ふのり)で洗髪していました。

ふのりを使って洗髪すると、黒髪が艶々してきます。

昆布とふのりという市販品もありますが、私のおすすめは大脇萬蔵商店の粉末ふのり100%です。

大脇萬蔵商店の粉末ふのり100%は、100g:1,296円。

一回の使用量は小さじ1/2で十分ですので、100gあればかなり保ちます。

送料がかかっても、コストパフォーマンスが非常に高いです。

楽天やAmazonでの取り扱いはありません。

大脇萬蔵商店の通販サイトで購入できます。

→ふのりドットコム「布海苔専門店」

ふのり 

材料(セミロングで毛量が多い方の一回分目安量)
・粉末ふのり:小さじ1/2
・お湯(あれば万能酵母液):150cc

道具
・小さめのボールかお皿
・小さい泡立て器

①ボールか小皿に粉末ふのり小さじ1/2を入れる

 ふのりはお湯を加えるとかなり膨張します。

ショートヘアの方や、毛量の少ない方は小さじ1/4でも十分です。

その場合は、お湯の量も半量に調整すること。

ふのり 洗髪

②お湯(60℃〜80℃くらい)を少し加えて、小さい泡立て器でダマにならないように混ぜる。

水で溶くとふのりが膨張せず、粘りも出にくい。

ポットのお湯が少し冷めた程度のお湯でOK。

ふのりはダマになりやすいので、お箸やスプーンより小さい泡立て器が便利。

ふのり トリートメント

③残りのお湯を少しずつ加えて、ダマを取りながらしっかり混ぜる。

この時点では粘りはまあまあ。

このまま30分〜1時間置くと、ふのりが膨張してしっかりと粘りが出てくる。

すぐに使わない場合は冷蔵庫に入れる。

冷蔵保存するとさらに布海苔ペーストが固くなるので、水の量を増やしてゆるめに作ると良い。

ふのり 洗髪

④お風呂で髪を洗う時、まず髪全体を軽く湯洗いする。

ふのりペーストを頭皮と髪につけて、5分〜10分おく。

毛先まで髪全体に塗りつけること。

⑤5〜10分後、お湯で洗い流す。

ふのりペーストは磯香りのような、独特の匂いがあります。

エッセンシャルオイルを加えたりしてみましたが、この匂いは消えませんね。

天然ふのり100%でやるトリートメントは、この匂いは仕方がないと観念しました。

私はこの匂いに馴染めないので、基本はハーブシャンプーで、髪にツヤが欲しい時はたまにふのりペーストをシャンプー兼トリートメントとして使っています。

ヘナ染めの後、髪がパサパサになり過ぎる方にも、ふのりトリートメントはおすすめです。

ふのりトリートメントは、黒髪に艶を与えてくれます。

布海苔(ふのり)トリートメント まとめ

・ふのりペーストは非常に腐りやすい

作ったら冷蔵庫で保存し、その日のうちに使い切ること。

・ふのりはお湯で溶くこと

・ふのりペーストは、作ってから30分以上おくこと。

時間をおくことで、ふのりが水分を吸って膨張し、粘りが出る。

・ふのりトリートメント前に、髪を軽く湯洗いすること

薄毛に効果あり ハーブシャンプーとふのりトリートメント

ヘナ染めとハーブシャンプーを使い始めて1年、生え際の産毛がボーボー生えてきました。

知り合いの薄毛を気にしている男性に、ヘナ染めとハーブシャンプーを勧めたところ、ヘナは面倒なのでやらないけど、ハーブシャンプーのみ試しました。

半年ではっきりと増毛効果を感じたそうです。

ヘナには頭皮の脂を吸着する効果がありますので、薄毛の原因である頭皮の詰まりを予防します。

ハーブシャンプーも同様に頭皮を健康にしますので、結果的に薄毛に効果が出るようです。

化学合成された市販のシャンプーは泡立ちはいいですが、頭皮の健康を損なうので、毎日シャンプーしないとすぐに頭皮が脂っぽくなってしまいます。

ハーブシャンプーは使えば使うほど、シャンプーの頻度が減ってきます。

薄毛が気になる方は、オイルヘッドマッサージの後→ヘナトリートメントを月1〜2回。

ヘナトリートメントをしない場合は、オイル ヘッドマッサージはしない方が良いです。

ヘナトリートメントが面倒な方は、市販のシャンプーをハーブシャンプーに切り替えるだけでも効果が実感できると思います。

→ヘナの前に オイル ヘッドマッサージのやり方

→ヘナで白髪染め。自分で染めるやり方とコツ。薄毛の男性にもヘナはおすすめ

→インディゴで白髪染め きれいに発色させるコツと染め方